急に現れる恐ろしい病気~突発性難聴の症状や対応~

耳の診断を受ける老婆

突発性難聴の予防

リハビリルーム

突発性難聴は、突然耳の聞こえが悪くなる原因不明の病気です。早く治療を始めるほど予後が良いといわれるので、気になる症状があったらすぐに病院を受診しましょう。受診後は日ごろからの規則正しい生活を心がけ、急激な運動などは避けるようにしてください。

Read More

突然起こる

注射の準備

内耳器官の問題で生じ、原因不明で治療法も不確定な難聴が突発性難聴である。難聴以外に耳鳴り、めまい、吐き気などの症状が起こる。日頃の生活習慣に注意し、発症してしまったら速やかに耳鼻咽喉科を受診する事が重要である。

Read More

症状がある

話をする車椅子の患者

現在耳に関する問題で突発性難聴に掛かる人が増えています。この突発性難聴とは健康的な肉体の人が急に聞こえなくなるという症状になります。現在の医学でも解明されていない病気になります。

Read More

治療法を知る

子供を診察する医師

病気とは無縁の健康的な生活を誰もが願っています。健康に注意していても突然現れる症状もあります。誰にでもなる可能性があり、早急な治療を必要とする病気の事例を挙げていきます。慌てずに対処できるようにみていきましょう。 厚生労働省指定の難病の1つに指定されている突発性難聴は性別に関係なく、突然現れる症状です。症状に気が付いてから2日以内に的確な治療を受けた場合は、難聴の症状が殆ど解消されます。発症から1週間までには治療を受けることが、症状を治す上において非常に重要です。発症してから1か月以上時間が経過して治療を開始した場合には、聴力の回復は難しく治らないことが多いといわれています。このように、突発性難聴は発症から的確な治療を受けるまでの時間が非常に大切です。

では、突発性難聴の症状と治療方法についてみていきましょう。厚生労働省の突発性難聴の診断基準によると、3つの主な症状があり、それに伴って起きる症状について定められています。1つ目は仕事や家事の途中、朝起きた時など今まで聞こえていた耳が急に聞こえなくなり、その聞こえなくなった時の状況が明確にわかっていることです。2つ目は難聴の程度が高度であることです。3つ目は病気の原因が不明であることです。そしてこれらの症状に伴って耳鳴りやめまい、吐き気があることです。原因に関しては、おたふく風邪等のウイルス感染、血液の循環の障害等が考えられていますが、確実なものではなく不明な場合が多いといわれています。 治療にはステロイド剤の投与や血液の流れを良くする薬等症状に合わせた治療を行ないます。突発性難聴は1度発症すれば、再発の可能性は殆どありません。